海の京都観光圏

      お知らせ

      2017年08月01日

      日本の鬼の交流博物館 夏季特別展

      酒呑童子の片腕として、また「羅生門の鬼」として有名な茨木童子。その伝説を研究されている新潟県 長岡市在住の郷土史家の佐藤秀治(さとうひではる)氏が越後、軽井沢に残る茨木童子伝説を研究され た成果と、収集された鬼のコレクションを紹介する展示です。
      特別展では、「蒐集癖(コレクション)」と題し、茨木童子伝承に限らず、浮世絵や大江山の鬼をモチーフ にした香炉、鬼の腕のデッサン、鬼の研究書、鬼面盃などの「鬼物(おにもの)」に関するコレクションも合わせて展示しています。

      展示会名:市制施行80周年記念 平成29年度日本の鬼の交流博物館   夏季特別展「鬼物蒐集癖(おにものコレクション)~越後、軽井沢茨木童子 伝承と鬼のコレクション~」
      展示場所: 日本の鬼の交流博物館
      開催期間: 7月22日(土)~9月3日(日)
      午前9時~午後5時(入館は午後4時半まで)
      休館日 毎週月曜日
      入館料:通常入館料(団体割引あり)
      問合わせ:日本の鬼の交流博物館  福知山市大江町仏性寺909番地
       ℡・Fax  0773(56)1996 担当:佐藤
      ホームページ http://www.city.fukuchiyama.kyoto.jp/onihaku/index.html

       

      鬼物蒐集癖(おにものコレクション)~越後、軽井沢茨木童子 伝承と鬼のコレクションチラシ