印刷する

「もうひとつの京都-光のアトリエ-太古から未来へと続くみち」が始動

 京都府では、地域の文化に触れる新たな機会を創出し、観光誘客の促進、地域経済の活性化を図るため、日本博の一環として、地域の歴史や風土、生活文化等を題材とした光と映像によるデジタルアートやアーティスト•イン•レジデンスを活用した現代アートの展示のプロジェクトを実施することとしています。
 本年度は丹後地域において、日本三景の一つ天橋立を舞台に、「太古から未来へと続くみち」をテーマとしたアート・プロジェクトを「もうひとつの京都-光のアトリエ-」と題し、「海の京都」天橋立地区協議会と連携して開催しますのでお知らせします。

feature

【第1期】
天橋立砂浜ライトアップ

【第1期】
天橋立砂浜ライトアップ

 天橋立の砂浜を音楽家・原(はら)摩利彦(まりひこ)氏と照明デザイナー・長町(ながまち)志穂(しほ)氏のコラボレーションによる音と光の演出で幻想的な世界に演出
■開催日時  令和元年7月13日(土)~9月30日(月)19時~22時30分
■開催場所  天橋立公園内(宮津市文珠天橋立公園)

【第1期】
天橋立砂浜ライトアップ

天橋立ビーチサイドBAR

天橋立ビーチサイドBAR

ライトアップした日本三景「天橋立」をゆっくり楽しむビーチサイドBAR

天橋立ビーチサイドBAR~リ・パン~
8月31日~9月1日 OPEN:17:00~22:30

天橋立ビーチサイドBAR

【第2期】
デジタル・アートフェスティバル(仮称)

【第2期】
デジタル・アートフェスティバル(仮称)

天橋立周辺にてデジタルアート作品の展示を実施。また、9月28日(土)には、国際的に活躍するメディアアーティストやサウンドアーティストによるライヴイベントを本宮御鎮座千三百年の節目を迎える籠神社を舞台に開催(出演者等は随時ウェブサイト等で公開)

■ 開催日時  令和元年9月より開始
 

【第2期】
デジタル・アートフェスティバル(仮称)

【第3期】
ライゾマティクスによる成相寺紅葉ライトアップのスペシャル演出

【第3期】
ライゾマティクスによる成相寺紅葉ライトアップのスペシャル演出

紅葉に染まる成相寺の境内をライトアップし、ライゾマティクスの齋藤 精一(さいとう せいいち)氏によるスペシャル演出を実施

■開催日時  令和元年11月9日(土)、10日(日)(予定)
■開催場所  成相山成相寺(宮津市成相寺339)他 

【第3期】
ライゾマティクスによる成相寺紅葉ライトアップのスペシャル演出

おすすめの特集