丹後震災記念館

印刷する

昭和2年(1927年)の丹後震災被災者の慰霊、教訓を伝えるため、全国からの義援金を元に建築されました。記念館の広場には震災記念塔が建てられ現在は、桜の名所として有名です。昭和初期の鉄筋コンクリート造の建物は地方においてはそれほど普及しておらず、現存する類例も少なく当時丹後地方での設計は、京都府庁旧本館の設計に携わった京都府技師一井九平氏。現在残る峰山小学校本館も彼の作品の一つです。
※現在、施設の中に入る事はできません

住所

京都府京丹後市峰山町室1198

アクセス

丹鉄「峰山」駅⇒丹海バス5分。「峰山」下車、徒歩約5分

Google MAP で開く

#京丹後市 #芸術・文化施設