間人皇后・聖徳太子母子像

印刷する

間人皇后・聖徳太子母子像
間人皇后・聖徳太子母子像
間人皇后・聖徳太子母子像

聖徳太子の御母である穴穂間人(あなほべのはしうど)皇后は蘇我氏と物部氏の争乱を避け、この地に身を寄せたと伝わります。大和の国へ帰られるにあたり皇后から御名を賜りましたが、畏れ多いと考えた村人は御退座にちなみ間人「たいざ」と読むことにしました。この伝説をもとにした母子像が日本海を眺めるように後ヶ浜(のちがはま)にたたずんでいます。

住所

京都府京丹後市丹後町間人