海の京都観光圏

      観光スポット

      神話や伝説に彩られた日本創生の源流を巡る

      海の京都観光圏」の人々は、リアス式海岸の複雑な海岸線に作られた港と都とを結ぶルートに暮らしてきた。古代より、大陸との交流の窓口として栄え、長い歴史の中で、伝統を尊びつつも新たなものを取り入れ、独自の文化を築いてきた。その「和の源流」は、今でも天地山海の景観や人々の暮らしの中に脈々といきづいている。時の流れの中で育まれてきた多様な風箴氓粐スiサ、大切に維持されてきた美しい篝ヱRは、その全てが地域全体で共有する世界に誇るべき貴重な地域資源である。

      自然景観

      宮津
      天橋立ビューランド

      文珠山山上にあり、天橋立を南側から一望できる展望所です。ここからの眺めは、天橋立が天に舞う龍のようにたとえられ「天橋立 飛龍観」と呼ばれています。 ウェルカムナビ

      宮津
      傘松公園

      成相山中腹にある公園で、天橋立を北側から一望できる展望所です。ここからの眺めは、天橋立が昇り龍のようにたとえられ「天橋立 昇竜観」と呼ばれています。

      京丹後
      磐座

      古代の人々は、自然を神として祀り、星や太陽による祭祀を行ってきました。ここはその痕跡を残す場所です。

      京丹後
      夕日ヶ浦

      神が海に用意してくれた日鏡。

      湊宮から続く全長8kmの白砂の浜の東端で、別名「常世の浜」ともいいます。太陽が夕日に変わる少し前、海面に映る黄金色の照り返しはまるで美しい鏡のようです。

      ウェルカムナビ

      文化的景観と暮らし文化

      福知山
      元伊勢内宮・外宮

      元伊勢の伝承を残す古の聖地。

      伊勢神宮(三重県)に鎮座される54年前に祀られていた場所と伝わっています。元伊勢外宮豊受大神社は、丹後地方へ天下った農業の神「豊受大神」を祀ったもので、伊勢神宮外宮の元宮と言われています。内宮・外宮とも、樹皮のついたままの原初的な鳥居を持っています。

      ウェルカムナビ内宮0773ー56ー1011
      外宮0773ー56ー1560

      綾部
      大本の神苑

      国の登録有形文化財指定、国の重要文化財指定など 貴重な建築物が立ち並ぶパワースポット。

      大本は、綾部を聖地発祥の地として生まれ、「人類愛善」「万教同根」の教えのもと、人々の生きる喜びと地上に対立のない平和な世界の実現を目指した民衆宗教として、地元では「大本さん」として慕われてきました。広大な神苑内に入ると、みろく殿など貴重な建築物が立ち並び、まさにパワースポット。開教100周年を記念して平成4年に建設された長生殿は、20世紀最大級の木造建築物と称賛されており、一見の価値あり。

      0773-42-0187

      宮津
      智恩寺

      智恵を授かる文殊さんとして知られています。

      日本三文殊のひとつで通称切戸(又は九世戸)の文殊堂として知られています。通りに面した山門は、市の指定文化財で丹後地方最大級の山門です。

      0772-22-2553

      宮津
      本宮 籠神社

      伊勢神宮の元宮である真名井神社を奈良時代に現在の地に遷宮したお社です。

      主祭神彦火明命は豊受大神を初めて天橋立の付け根の真名井原で祭りました。それ以来彦火明命の子孫丹波国造海部氏がその祭祀を継承しています。本殿の高欄上の五色の座玉は伊勢神宮御正殿と籠神社以外には拝せられません。

      0772-27-0006

      宮津
      奥宮 真名井神社

      伊勢神宮の内宮外宮の元宮で、古くは吉佐宮(与佐宮)と呼ばれたお社です。

      天橋立の付け根の真名井原に鎮座し、伊勢神宮外宮に迎えられた豊受大神の元宮です。本殿の後ろに古代祭祀場である磐座があり、神代の昔から「衣食住」の神・豊受大神が祭られています。

      宮津
      成相寺

      西国28番札所として多くの参詣者が訪れます。

      本尊は「身代わり観音」や美人観音として評判の聖観世音菩薩などがあり、本堂・鎮守堂・鐘楼は京都府指定文化財となっています。その他にも悲話を伝える「撞かずの鐘」や左甚五郎作の「真向の龍」があります。

      ウェルカムナビ0772ー27ー0018

      京丹後
      神谷太刀宮

      崇仁(すうじん)天皇の十年、丹後平定を命じられた四道将軍・丹波道主命が出雲の大国主命をお招きして祀った神谷神社です。丹波道主命の神魂として「国見剣」を祀った太刀宮です。この二つが合祀されて現在の神谷太刀宮となりました。

      京丹後
      豪商稲葉本家

      北前船の交易により財を築きました。

      稲葉本家初代の喜兵衛は織田信長の家臣団、美濃三人衆の一人稲葉一鉄の末裔と言われています。家業は「糀屋」を生業とし、千石船を活用した日本海沿岸の交易業掛け屋(金銭貸出)も営み資産を増やしました。稲葉家は豪商になっても支えてくれた人々への感謝を忘れず困った 時には助け合う「和の心」を守ってきました。

      ウェルカムナビ0772-82-2356

      京丹後
      蛭児(ひるこ)神社

      神の箱庭の一つの象徴です。

      古来、日留居大明神と称されていましたが、蛭児神社と表記するようになりました。通称は日間の宮といいます。元は四ジジラダケ神ヶ嶽に奉斎されていましたが今からおよそ800年前に現在地に遷座されました。四神ヶ嶽に神とともに玄武、朱雀、青竜、白虎が降りてきたことから、四神ヶ嶽と表記したとのことです。

      伊根
      伊根浦散策

      海側に舟屋、道を隔てて山側に生活基盤の主屋がある伊根の町並みを歩きます。

      地元ガイドが案内する「伊根浦散策案内人」を依頼すると、許可を得ている舟屋の内部をご覧頂けます。また個人敷地にも入る事ができ、舟屋の風景もさらによくご覧頂けます。

      ウェルカムナビ

      伊根
      浦嶋神社

      日本最古の浦嶋伝説が伝わる神社。

      浦嶋神社に伝わる浦嶋太郎伝説は「日本書紀」、「万葉集」、「丹後風土記」にも記述が見られ最も起源が古いとされています。この神社は、丹後の名族であった浦嶋一族の業績をたたえて創られたといわれ、玉手箱や浦嶋縁起絵巻などの宝物がたくさん納められています。

      0772ー33ー0721

      近代歴史景観

      舞鶴
      東郷邸

      歴代長官の官邸として 終戦時まで使用さていました。

      舞鶴鎮守府初代司令長官であった東郷平八郎海軍中将が、明治34年開庁以来常備艦隊司令長官になるまでの2年間を過ごした官邸です。木造平家建で一部洋館となっており、裏庭には、長官が「一心池」と命名した心の字の形をした池があります。

      舞鶴市観光商業課0773-66-1024

      舞鶴
      赤れんがパーク

      7棟の赤れんが建築が連れなる倉庫群を改装した施設です。

      国の重要文化財に指定されている倉庫群のひとつ。明治35年の建設当時は旧海軍兵器廠予備艦兵器庫でしたが、今は展示スペースやホール、喫茶コーナーを備え、交流の場となっています。また不定期でライブイベントやアートフェスタなども開催されています。

      ウェルカムナビ0773-66-1096

      綾部
      あやべグンゼスクエア

      近代化産業遺産や京都府景観資産に認定された地域の歴史と文化を刻む文化的景観が広がる。

      養蚕・製糸の町から生まれたグンゼは、創業者である波多野鶴吉が「善い人が良い糸を作り、信用される人が信用される糸を作る」と考え、人間尊重に立った教育と優良品の生産を基礎として、地域や 会社をめぐるすべての関係者と共存共栄を図ることを創業の精神としました。まちなかの商店街は、こうしたグンゼの発展成長とともに、工女さん達と心をつなぐ商店街として栄えてきました。

      ウェルカムナビ

      与謝野
      料理旅館 井筒屋

      昭和8年に再建された、ちりめん街道内に現存する唯一の旅館です

      0772-42-2012

      与謝野
      旧加悦町役場庁舎

      庁舎の内観・外観にこだわりがあります。

      設計は、阪神甲子園球場や大阪歌舞伎座などを手がけた大林組の今林彦太郎。洋風意匠と最新建築技術と工法を用いた耐 震的な建物として近代建築史上、貴重な遺構となっています。

      ウェルカムナビ0772ー43ー0155

      戦国文化と現代文化

      福知山
      福知山城(郷土資料館)

      明智光秀が築いた丹波の拠点

      福知山城は、1579年ごろ、明智光秀が織田信長の命により丹波を平定した際、西国への拠点として築城されました。3層4階建ての天守閣は初期望楼型と呼ばれる比較的古い形式で、小振りながらも実用的で美しく、風格のある佇まいをしています。明治時代のはじめに、廃城令により石垣と一部の遺構を除いた大部分が取り壊されましたが、市民の「瓦一枚運動」などの熱意により、昭和61年(1986)、往年の絵図を元に天守閣が復元されました。以来、まちのシンボルとしてまちを見守っています。内部は郷土資料館になっており、福知山の歴史や明智光秀に関する資料を展示しています。

      ウェルカムナビ0773ー23ー9564

      福知山
      御霊神社

      善政を敷いた良君・明智光秀公を祀る神社。

      明智光秀公の霊を祀った神社です。書状や家中軍法など光秀公に関わる資料が伝えられています。境内には、全国でも珍しい堤防を御神体とする堤防神社や、祈れば願いが叶うといわれる「叶石」があります。

      0773-22-2255