印刷する

丹後天酒まつり2019(5/25-26)

丹後天酒まつりとは、日本酒の蔵開きイベント。蔵元が自ら企画したお祭りで、蔵見学や土地の食ブースなどのイベントとともに、地酒を楽しんでいただけます。
日本酒の蔵は建物そのものが文化遺産と言ってもいいほどの雰囲気。通常のイベント会場での酒祭りにはない「酒が生まれるその場所で飲む格別な味わい」をお楽しみいただけます。

各蔵 入場無料。
開催時間10:00〜17:00の間、出入りは自由です。
※詳しくは一番下にあるご案内チラシか公式サイトでご確認下さい。

feature

貸切バスで行く日帰りツアーがあります!

貸切バスで巡りますのでお酒を飲んでも安心です。海と山の空気を感じながら旅をして、お酒や地元の食を愉しむ特別な一日。「御神酒のルーツ」として知られる丹後にて、年に一度の蔵開きイベントをお楽しみください。

日帰りバスツアーのご予約は下記より
http://www.uminokyoto.jp/event/detail.php?eid=181

おいしい町「海の京都」へ、飲みに行こう

おいしい町「海の京都」へ、飲みに行こう

丹後天酒まつりは、各市町の境界を超え、旅するように酒蔵を巡る日本酒の蔵開きイベントです。
町が変われば、世界観が変わります。ロケーション様々な酒蔵を巡り、気持ちよく酔える昼のひとときを過ごしていただければ幸いです。

蔵から蔵へ旅して巡る

蔵から蔵へ旅して巡る

丹後天酒まつりの特徴は、市町村の境界を超え、蔵から蔵へ旅して巡ること。海・山・川などすべての自然がコンパクトにまとまったこの「海の京都」エリアを周遊する酒蔵巡礼の旅は、その情景も味わいの一つとなることでしょう。
地酒そのものの旨さと地元の美味しい食に加え、日本酒の酒蔵、という風土・文化をご一緒に「味」として楽しみませんか?

普段は立ち入れない蔵見学も

普段は立ち入れない蔵見学も

酒蔵内を解放するのは1年でこの日だけ、という酒蔵もあり、見学用にしつらえられた工場とは異なり、職人の心意気を間近に感じられる体験となることと思います。

第6回 丹後天酒まつりのご案内チラシ

第6回 丹後天酒まつりのご案内チラシ

●第6回 丹後天酒まつりのご案内チラシ(下記リンクからダウンロードできます)
http://www.uminokyoto.jp/img_data/INF264_1.pdf

●丹後天酒まつり公式サイト
https://sakelabo.com/

おすすめの特集