印刷する

丹後名物「丹後ばらずし」を食べよう!

丹後はらずしは、丹後人にとって一番身近とも言える「ごっつぉう。」 祭りの日、ハレの日に母や祖母が作ってくれるばらずしは何よりのごちそうです。 家中に漂うあのすしの香り…サバのおぼろを散らす独特の「丹後ばらずし」は、 丹後人にとってハレの日の思い出とともに心に根付いた、故郷の味です。

feature

丹後ばらずしとは…

「丹後ばらずし」は、甘辛く煮付けたサバを細かくほぐした“サバのおぼろ”を散らすのが特徴の、京都府丹後地方にしかない独特の郷土料理です。
“まつぶた”と呼ばれる浅い木箱に、すし飯を敷き、その上に、サバのおぼろ、しいたけ、錦糸玉子、紅ショウガなどを彩りよく散らし、切り分けて食べます。

サバの“おぼろ”

丹後ばら寿司の一番の特徴はサバの“おぼろ”を散らすこと。
昔は地元で取れたサバを焼き、細かくほぐして骨を抜き、それを炒めてそぼろにしたものをすしの具材にしていたそうです。戦後まもなく、サバの缶詰が使われるようになり、今日に至ります。
祭りの日をはじめ、親戚や友だちが集まる日に作られる丹後ばらずし。一度にたくさんのサバを使うことから、丹後地方では、普通よりも大きなサイズのサバ缶が売られています。

まつぶた

“まつぶた”とは、もちを入れる細く長い箱。「まつ」は松の木、「ぶた」は木箱を積み重ねてふたとしても使うことからきた名前です。
まつぶたで四角く型取った丹後ばらずしは、すし切りと呼ばれる木製のへらで切り分けて食べます。重しで押すなどはせず、やわらかい食感を残したままにするのが一般的です。

ハレの日の味

丹後の人が「丹後ばらずし」を最もよく口にするのは、祭りの日。もともと、祭りの日に作られるすしでしたが、お正月やお盆、誕生日、親戚や友だちが集まる日などにも作られる“ハレの日の味”として根付いています。大きなまつぶたですしを作り、切り分けて、皆でいただく「丹後ばらずし」は、家庭で食べる一番身近で豪華なご馳走であり、家族や親戚、隣近所、地域をつなぐコミュニケーションそのものです。

個性豊かな味とかたち

丹後ばらずしは家庭の味。丹後地方全域で一定の共通点はあるものの、その形状や味、具材は様々。
すし飯におぼろを挟んだ2段タイプや、1段タイプ、ゴボウやタケノコ、かんぴょうなど、使われる具材も地域や家々によって個性があります。

「丹後ばらずし」を食べられる場所

もともと、家庭の味として伝承されてきた「丹後ばらずし」ですが、郷土料理の美味しさを多くの人に味わってほしいと、丹後エリアの複数の店舗・宿泊施設が、それぞれの味付けで「丹後ばらずし」を提供しています。丹後が誇る地元の味を、ぜひ気軽にご賞味ください。

グルメ
barazushi

おすすめの特集