印刷する

京都北部で海のミルク「岩がき」「真牡蠣」をランチで食す

京都府北部「海の京都」は育成の牡蠣で有名な地域です。
5月~8月は生食で美味な大型の岩がき、冬期は炭火焼、蒸し焼き等で美味な真牡蠣(マガキ)を召し上がることができます。
牡蠣は、舞鶴市(舞鶴湾)、京丹後市(久美浜湾)、宮津市(宮津湾・栗田湾)、伊根町(伊根湾)で育成養殖が盛んで、年月をかけて育てられ牡蠣の品質は非常に高く全国へ出荷されたり、地元の飲食店舗や宿泊施設で提供されています。
「海のミルク」と称されるようにクリーミーで濃厚な味わい、また栄養たっぷりの牡蠣を食べに是非とも当地へご来訪下さいませ。

feature

冬期が旬!舞鶴湾・久美浜湾の育成 真牡蠣(マガキ)を食す

冬期が旬!舞鶴湾・久美浜湾の育成 真牡蠣(マガキ)を食す

真牡蠣(マガキ)養殖の盛んな舞鶴湾、久美浜湾は日本海に面し、両湾とも波が静かであること、さらに、河川水の流入の影響で、マガキの餌となるプランクトンが豊富であることからも養殖の適地となっています。
地元の食卓では、獲れたての新鮮な真牡蠣を炭火焼、カキフライ、蒸し焼き、丼ぶりにして食べられています。

冬期になると、舞鶴や久美浜の真牡蠣を求めて、特に近畿圏から大勢のお客様が来訪されます。
地元産の真牡蠣を提供している飲食店舗(牡蠣小屋、定食店、旅館、ホテル)も多く、各お店ごとに特色のある真牡蠣メニューがいただけます。

5月~8月が旬!育成「岩がき」を食す(現在はシーズンオフ)

5月~8月が旬!育成「岩がき」を食す(現在はシーズンオフ)

岩がきは餌となる植物プランクトンが豊富な内湾で養殖すると、約3年間で商品サイズ(全重量300g以上)に成長し、さらに、天然の貝よりも可食部が大きくなるとされています。
※現在、岩がきはシーズンオフです。

一般に「カキ」として流通しているのは、冬場に鍋やフライとして食べているマガキです。一方、岩がきは夏場が旬の大型のカキで、濃厚でクリーミーな味わいが特徴です。当地ではお店にもよりますが、生食で提供されることが多いです。

グルメ
冬(12月~3月)が旬!「真牡蠣」を食べれるお店紹介

おすすめの特集