印刷する

牡丹鍋が代表的な京都府のジビエ料理

山間部の多い京都府中部、北部はシカ、イノシシ、カモなどジビエ料理の宝庫です。ジビエ料理で代表的な「牡丹鍋(ぼたんなべ)」も当地で味わうことができます。
日本の狩猟期間は原則毎年11月15日から翌年の2月15日で、山々がグンと冷え込む冬期だけの恵みです。
「ジビエ料理を食べたことがない」お客様にも新鮮で味わい深いジビエ料理を是非召し上がって頂きたいです。

feature

日本ではジビエ料理と言えば、「牡丹鍋」が馴染み深いかもしれません。
牡丹鍋は猪鍋(ししなべ)とも呼ばれ、イノシシ肉を使った鍋料理です。
脂身の多い見た目ですが、決して脂っこくはありません。実は低カロリー、高タンパクで、コラーゲンも多く含まれることから今注目されている食材のひとつです。

イノシシと同様に人気のある「鹿肉」。クセが無く、柔らかいお肉で非常に美味しいです。鹿肉の赤ワイン煮、鹿肉のロースト、鹿肉の燻製などお店でも提供されることが多い食材です。
低カロリーで栄養価は高く鉄分、ビタミンAも豊富です。また青魚に多く含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)も摂取できる総合栄養食です。

鹿、イノシシは焼肉にしても非常に美味です。味が濃く、噛むほどに味わいが広がっていきます。塩だけでも美味しいですが、薬味やお野菜と一緒に召し上がっていただくのも美味です。

鴨そばは和食でも馴染みのあるお料理です。焼いた長ネギと鴨のお出汁が染み出た和風出汁にお蕎麦を絡めていただきます。旨みのある鴨の出し汁と香ばしい長ネギの味わいが一体となった鴨そばは私達にとっても馴染みのあるジビエ料理のひとつです。

おすすめの特集