印刷する

11月6日カニ漁解禁♪京都北部のカニ「松葉ガニ(間人ガニ・舞鶴かに)」

日本海に面する京都府北部は松葉ガニの宝庫です。
カニ漁が解禁される11月6日~3月20日頃まで当地の港は大いに賑わいをみせます。
また、京都北部には厳しい選別により認められたタグ付きのブランドガニが存在します。丹後半島にある間人漁港の「間人ガニ」、舞鶴港の「舞鶴かに」は全国的にも有名です。
メスは「コッペガニ(せこがに)」と呼ばれ、小さいながら身がしっかり詰まり、濃厚なカニ味噌に加え、甲羅にある朱色の内子とプチプチとした食感の外子が美味です。

蟹の産地である京都北部「海の京都」へお越しいただき、
美味しい蟹を是非お召し上がり下さい。

feature

松葉ガニとは

松葉ガニとは

松葉ガニとは、正式にはズワイガニを指します。
松葉ガニの「松葉」の由来としては諸説あります。細長くすらっとした脚の形や脚の筋肉が松葉のように見えるからという説や、漁師が浜で松葉を焼いて焼きガニを食べたという説、松葉の落ちる時期に獲れるからという説などがありますが、正確なことは良く分かっていません。

ズワイガニは水揚げされる地域(港)により呼び名が変わります。
【オス】松葉ガニ(京都・兵庫・鳥取)、越前ガニ(福井)、加能ガニ(石川)、間人ガニ(京都府京丹後市丹後町)、舞鶴かに(京都府舞鶴市)
【メス】コッペ(京都)、セコガニ(京都・福井・兵庫・鳥取)、オヤガニ(鳥取)、コウバコ(石川)

松葉ガニとは

日本海・京丹後市の「間人(たいざ)ガニ」のご紹介

日本海・京丹後市の「間人(たいざ)ガニ」のご紹介

間人漁港(京丹後市丹後町)に水揚げされたカニ(ズワイガニ)は、平成18年に特許庁の地域団体商標を取得して、「間人ガニ」と呼ばれています。間人漁港は、京都府沖合の漁場に近く、日帰り操業のため漁獲物の鮮度が良いだけでなく、資源管理の徹底や、生産者や流通業者の厳しい選別により、高い品質を維持しています。

日本海・舞鶴市の「舞鶴かに」のご紹介

日本海・舞鶴市の「舞鶴かに」のご紹介


舞鶴漁港に水揚げされたズワイガニは、平成24年に特許庁の地域団体商標を取得して、「舞鶴かに」と呼ばれています。

「舞鶴かに」は、その姿と味の良さ、高級感から冬の味覚の王者とされています。
また、この「舞鶴かに」の良さをもっと多くの方に知ってもらうと、PRキャラクターの「チョキまる」や、PRソング「舞鶴かにカニ♪」などが誕生しています。

日本海・舞鶴市の「舞鶴かに」のご紹介

カニ料理(食べ方)/①カニ鍋(かにすき)


冬の料理と言えば「カニ」。カニと言えば「カニ鍋(かにすき)」が定番です。
昆布で下味をつけた鍋に生ガニの脚や胴を入れて、野菜も一緒にグツグツと煮込んて食べるカニ鍋は最高に美味です。
カニの出汁が出切った後は、ご飯と卵を入れた〆のカニ雑炊が一般的です。

カニ料理(食べ方)/①カニ鍋(かにすき)

カニ料理(食べ方)/②蒸しガニ


せいろ等で蒸して食す「蒸しガニ」は美味です。
蒸しガニはフワッとした食感が特徴で、カニの旨みエキスも逃がさないため濃厚な味わいです。
カニの大きさに応じた蒸し時間がありますのでレシピ本、ネットレシピでご確認下さい。

カニ料理(食べ方)/②蒸しガニ

カニ料理(食べ方)/③焼きガニ


カニの脚を網焼きにして、香ばしい味わいが特徴の「焼きガニ」。
あまり長く焼き過ぎるとカニの旨みエキスが流れ落ちますのでご注意を。
炭火で焼くと更に美味しく召し上がれます。

カニ料理(食べ方)/③焼きガニ

カニ料理(食べ方)/④カニ刺し


生のカニを食べやすく調理して、お醤油とワサビをつけてお刺身で食す「カニ刺し」。プリップリの食感でカニの甘みがダイレクトに味わえます。
一般的な包丁では調理するのが難しくご自宅で召し上がる機会は少ないと思いますが、京都北部にはカニ刺しが食べれる温泉旅館、お食事処など沢山ありますので是非ご利用下さい。
また、ランチでカニを提供されている店舗も多数あります。

カニ料理(食べ方)/④カニ刺し

カニ料理(食べ方)/⑤カニの甲羅焼き

カニ味噌のたっぷり付いた甲羅を豪快に網焼きする「カニの甲羅焼き」。
カニの身を熱くなったカニ味噌につけてご一緒にお召し上がり下さい。濃厚なカニ味噌の味わいがたまりません。
京都北部の地酒にもよくマッチします。

カニ料理(食べ方)/⑤カニの甲羅焼き

カニ料理(食べ方)/⑥コッペ(セコガニ)


今ではすっかり高級品になってしまった「コッペガニ(セコガニ)」。
コッペガニはメスのズワイガニであり、サイズはオスと比べてかなり小さいですが、味は絶品で、甲羅の内側(朱色の内子)と外側にある卵(プチプチとした食感の外子)が特に美味というファンも多いです。
京都北部には、コッペガニをふんだんに使用したコッペ丼もあります。

カニ料理(食べ方)/⑥コッペ(セコガニ)

冬と言えば温泉!カニ料理とご一緒に温泉でのんびりと。

冬と言えば温泉!カニ料理とご一緒に温泉でのんびりと。


京都北部「海の京都」は歴史のある温泉地でもあります。特に日本海に面した京丹後市や宮津市の天橋立周辺には日帰り温泉施設や温泉旅館が多く点在しています。

海、山の絶景を望む露天風呂も多くありますので、カニ料理を召し上がりにお越しになられた際は、当地の温泉も是非ご利用下さい。

【日帰り温泉施設】http://www.uminokyoto.jp/feature/detail.php?spid=24

冬と言えば温泉!カニ料理とご一緒に温泉でのんびりと。

おすすめの特集