印刷する

【海の京都】旬の食材フェア開催 期間:2019年 9月 1日( 土 )~2019年11月30日( 金 )

~宝石のように輝く食材を探して~ 慌ただしい夏が過ぎ去り、海も山も穏やかな表情になる秋。 木々は美しく色づき、実りの秋を迎えた。 海の幸やフルーツ、野菜は宝石のように輝いています。 旬の食材提供店を巡りながら、お気に入りの食を見つけましょう。 名 称:海の京都旬の食材フェア 期 間:2019 年9月1日(日) - 11月30日(金) ※ 漁や入荷状況により提供できない場合がございます。 各店にお問い合わせのうえ、ご来店ください。

feature

アマダイ(ぐじ)

アマダイ(ぐじ)

京都では主に釣り・延縄漁で漁獲されるアマダイ。 水深50~120mの海底の砂・泥場に巣穴をつく り、えび・かに・小魚を食べ育ちます。その中でも、ア カアマダイは「丹後ぐじ」としてブランド化されてい ます。淡白で甘味があり上品な味は、お造り、焼き 物、お吸い物などで楽しむことができます。

アオリイカ(秋イカ)

アオリイカ(秋イカ)

京都府北部では、秋から冬にかけて旬を迎えるア オリイカを別名「秋いか」と呼び、一夜干しにしたア オリイカを漁村で干す風景は、丹後の秋の風物詩 となっています。刺身、煮付け、一夜干し、てんぷら などで楽しむことができ、一晩寝かせた刺身は甘 味が一層強くなります。
京都では、底曳網漁で漁獲される土エビ。京都府 産は漁獲量に限りがあり、市場ではあまり流通して いません。焼き、煮付け、唐揚など、いろいろな料理 に使えます。特に、お刺身で食べると独特の甘味を 強く感じることができます。 アマダイ( ぐじ) アオリイカ( 秋イカ) 土エビ
紫ずきんは、丹波黒大豆から生まれた秋のえだま

土エビ

土エビ

京都では、底曳網漁で漁獲される土エビ。京都府 産は漁獲量に限りがあり、市場ではあまり流通して いません。焼き、煮付け、唐揚など、いろいろな料理 に使えます。特に、お刺身で食べると独特の甘味を 強く感じることができます。

コッペガニ(セコガニ)

コッペガニ(セコガニ)

11月6日~12月31日までの期間限定で、底曳網 漁で漁獲されるコッペガニ。冬の味覚ズワイガニの 「雌」を、京都府北部では「コッペ」、「セコ」と呼びま す。「内子(卵巣)」と「外子(卵)」があり、特に、甲羅 内にある内子は濃厚な甘さを堪能できます。

ニギス

ニギス

京都では主に底曳網漁で漁獲されるニギス。一般 に知られている「キス(白ぎす、本ぎす)」とは分類 上まったくの「他人」です。京都府北部では、沿岸 のキスと区別するため、「沖ぎす」という名称で呼ん でいます。干物、てんぷら、唐揚、すり身(団子汁) などで楽しむことができます。

紫ずきん

紫ずきん

紫ずきんは、丹波黒大豆から生まれた秋のえだま めです。粒が大きくコクがあり、甘みがたっぷりで す。豆の薄皮が薄紫色で、頭巾のような形をしてい ることから、名付けられました。

梨

明治39年に網野町浅茂川で、3年後に久美浜町 平田で栽培が始まった丹後の梨。現在でも、久美 浜町と網野町を中心に、いろいろな品種が栽培さ れています。日当たりのよい場所で作られている ため、糖分を貯える働きが旺盛となり、果実は甘み たっぷりに育っています。

ぶどう

ぶどう

丹後では、昭和20年代から本格的に栽培が始ま り、今では京都府産ぶどうの3割以上を生産する 府内一の産地となっています。丹後は春から秋の 降水量が少なく、ぶどうにとって栽培に適した地域 で、朝の気温が低いため、ぶどうの色づきが良く、 味が濃く品質良いぶどうが生産されています。

さつまいも( 甘藷 )

さつまいも( 甘藷 )

丹後の砂丘で栽培される砂丘かんしょは、豊かな 甘さが最大の特徴で、小さいものでも繊維質の 「スジ」が少ないので、いもの端まで残さずにおい しく食べられます。また、水気が少ないことから、調 理してもベタつかないという特徴もあり、天ぷらや 焼きいもにするとホクホク食感が楽しめます。

グルメ
水産物「アマダイ( ぐじ)、アオリイカ( 秋イカ)、土エビ、コッペガニ( セコガニ )、ニギス」 農産物「紫ずきん、梨、ぶどう、さつまいも( 甘藷 )」が食べられる京都府の「旬の食材提供店」

おすすめの特集