印刷する

イカを食す(白イカ・アオリイカ・ヤリイカ)

海の京都では一年を通じて色んな種類のイカが水揚げされています。春~夏は高級イカとして名高いこの丹後半島で「白イカ」と呼ばれている剣先イカ。秋~春(春は親イカ)はイカの王様と評される「アオリイカ」。真冬に揚がる細長く尖った「ヤリイカ」。
イカを扱った飲食店舗、宿泊施設も多く、このイカ料理を目当てに大勢のお客様がご来訪されています。
【ご注意下さい】コロナ禍における緊急事態宣言発出により時短営業や休業されている店舗もありますので、ご来店の際はオフィシャルサイト及びお電話にてご確認下さいませ。

feature

春夏秋冬、再会できる喜び。旬の時期になると海沿い周辺のスーパーや鮮魚店には沢山のイカが並び、それを見て地元の人々は「そろそろ秋やね~」と季節を感じるわけです。特に秋イカとも呼ばれる「アオリイカ」はこの話の象徴的なイカと言えます。
※写真は冬を象徴する「ヤリイカ」です。

もはや高級品になった地元産イカ。一昔前は大量に水揚げされていたイカですが、水揚げ量の減少と全国的な人気の高まりから今ではすっかり高級品の仲間入りに。近年では港(舞鶴、京丹後、伊根、宮津)でも高値で取引されています。

新鮮なイカを使ったお料理

新鮮なイカを使ったお料理

イカのお料理は様々ですが、お刺身やイカ丼を提供されているところが多いです。中には「活イカ」と呼ばれる生きた状態でのお刺身を提供されるお店もあります。
また、白イカやアオリイカは季節外れに少量だけ水揚げされることもありますので、ご来店の前に今提供しているイカの種類をお店に聞かれるのも良いかもしれません。またご予約の必要なお店もありますのでご注意下さい。

新鮮なイカを使ったお料理

こちらは旅行雑誌にも度々登場している「イカ丼」になります。このようなイカ丼を提供されている飲食店舗も少しずつ増えてきました。
写真は、天橋立にある「よし乃や」のイカ丼※大盛り(要予約)です。

アオリイカ

「イカの王様」と呼ばれ、イカの中で最高峰の味わいです。秋イカとも呼ばれています。
旬は一般的に秋~春(春は親イカ)とされていますが、丹後地方では9月後半~12月前半が最盛期。春は産卵の時期でペアの大型アオリイカが沿岸部に集まります。ただ、頻繁に港へ行きますが年々水揚げ量が減っている印象があります。獲れ始める9月頃は手のひらサイズ(100g程)で晩秋には300g~500g程に成長していきます。適度に小さい方が身が柔らかく食感が程よいです。お刺身で食されることが多いですが、地元では一夜干しと言われる生に近い状態の干物をサッと炙って食べるスタイルも好まれています。

白イカ(剣先)

水揚げされてすぐに白くなる(薄いピンク色にもなる)白イカ。このイカの正式名は高級イカで知られる剣先イカです。
丹後では春~夏にかけて多く水揚げされています。アオリイカと見た目が似ており味も最高級なので白イカとアオリイカはよく比べられます。時期や大きさ、その時の水揚げ量にもよりますが、競り値はほぼ同等です。大きくなればなるほどキロ単価は上がります。
甘みが強くお刺身で食べる人が多いですが、塩焼きにしたりバター焼きにしたり、火を入れることで更に甘みが増して美味しいです。

ヤリイカ

真冬に獲れるヤリイカ。名前のとおり槍のように細く長く尖った形をしています。冬イカと呼ぶ人もいます。身が透き通った大変綺麗なイカです。
アオリイカや白イカと比べて肉厚は無く、味は比較的あっさりしており、水揚げ量にもよりますが、競り値も比較的安くなります。雄は雌より大きくなり一目で見分けがつきます。食べ方はお刺身が美味です。身は薄いですがコリコリした食感とあっさりした旨みが口に広がります。数は少なくなりますが2月までは港で見かけます。

期間限定!京丹後・夏の新定番「活イカ」

期間限定!京丹後・夏の新定番「活イカ」

白イカの活き造り“活イカ”。透明で美しく、活きてないと味わえない“コリコリ”とした食感と、噛むほどに増す濃厚な甘味が特徴です。
みなさんお馴染みのイカですが、実はとてもデリケートでストレスに弱く、生きたまま水揚げすることが難しい生き物。
今回、京丹後では、専用水槽や流通システムを整備。目の前でまだ動いているほど新鮮な状態で召し上がっていただけるようになりました。

京丹後・夏の新定番「活イカ」の詳細はこちら

グルメ
地元産のイカが食べれるお店(随時更新)

おすすめの特集